anime anime

最近のコメント

    anime anime
    自然界
    クリの木と縄文人の生活の講演会 鈴木三男先生と岡村道雄先生のトーク 楽しかった!!!

    クリの木と縄文人の生活の講演会 鈴木三男先生と岡村道雄先生のトーク 楽しかった!!!

    クリは栗林の中で育つと真っすぐ伸び直径も1mを超えるという衝撃的な先生のおはなし。そういえば、あの三内丸山遺跡の巨大木柱(六本柱)は地面に穴を掘り、柱を建てて造った建物跡である。柱穴は直径約2メートル、深さ約2メートル、間隔が4.2メートル、中に直径約1メートルのクリの木柱が入っていた。 そして、三内丸山遺跡のすべての建物はほぼ、クリの木で作られたのだそうである。講演会終了後、鈴木三男先生が著され […]
    私の 2016年重大ニュース!!!

    私の 2016年重大ニュース!!!

    昨年と比較すると飛躍的にニュースが多くなった! ⓵縄文観光立ち上げ          (宮城県知事登録旅行業3-376号、旅行業務取扱管理者も取得) ⓶薬3っつを止めることが出来た!   (高血圧、糖尿、中性脂肪) ⓷縄文土器3体の作成         (創作縄文土器、恵比寿田土偶模倣品、創作アート縄文土器、縄文土器素焼き2回体験) ⓸外国人のホームステイホスト体験   (3回、4か国:フィリピン […]
    地水火風空を見事に捉え 大地の再生にチャレンジ! 丸森ファイット! 

    地水火風空を見事に捉え 大地の再生にチャレンジ! 丸森ファイット! 

    2016.10.28と29の1泊2日で【大地の再生講座 〜結の杜づくり〜 in 宮城県丸森町】前回の竹炭作りで2回連続での参加をさせていただきました。 講師は、「森の園芸」矢野智徳先生、空気と水を通せば大地は蘇るというのです。地水火風空を見事に捉えた様な、4つの環境分類と八つの環境ファクター理論を里山再生に適応させる、”百閒は一行にしかず”の体験学習を伴う講座でした。 里山全体の薮化した中には空気 […]

    地水火風空 を見事に捉え 大地の再生にチャレンジ! 

    2016.10.28と29の1泊2日で【大地の再生講座 〜結の杜づくり〜 in 宮城県丸森町】前回の竹炭作りで2回連続での参加をさせていただきました。 講師は、「森の園芸」矢野智徳先生、空気と水を通せば大地は蘇るというのです。地水火風空を見事に捉えた様な、4つの環境分類と八つの環境ファクター理論を里山再生に適応させる、”百閒は一行にしかず”の体験学習を伴う講座でした。 里山全体の薮化した中には空気 […]

    アラスカのケナガマンモス、水不足で絶滅か に思う 縄文的思考!

    ネット情報の衝撃はこうだ 『【8月3日 AFP】世界で最後まで生息していたマンモスの集団の一つとして知られる、米アラスカ(Alaska)州のケナガマンモスの個体群は、5600年前に海水面が上昇し、飲み水を失ったために絶滅に追い込まれた可能性がある。研究論文が1日、発表された。』 なんと像は1日200リットルの水を飲む、ここから推測するにマンモスと聞くと倍は飲むのかな? そこで縄文について考察してみ […]
    アラスカのケナガマンモス、水不足で絶滅か に思う 縄文的思考!

    アラスカのケナガマンモス、水不足で絶滅か に思う 縄文的思考!

    ネット情報の衝撃はこうだ 『【8月3日 AFP】世界で最後まで生息していたマンモスの集団の一つとして知られる、米アラスカ(Alaska)州のケナガマンモスの個体群は、5600年前に海水面が上昇し、飲み水を失ったために絶滅に追い込まれた可能性がある。研究論文が1日、発表された。』 なんと像は1日200リットルの水を飲む、ここから推測するにマンモスと聞くと倍は飲むのかな? そこで縄文について考察してみ […]
    竹チッパー これを畑の肥料に試し中! グリーンリサイクルの実現に一歩近づいたかな?

    竹チッパー これを畑の肥料に試し中! グリーンリサイクルの実現に一歩近づいたかな?

    これは、5月の19日、日本で初めて樹木粉砕機を作って40年の㈱カルイの粉砕機だ。なんと、ワゴン車に載せて山形から来てくれたのだ。13Φ迄の木の粉砕ができ、竹であれば20cm位までであれば細い方から挿入することで粉砕できる。竹の場合は太い根元の方に行くと割れてしまい13Φ以下になるんで処理できるといったところ。 この粉砕したものは肥料になるそうで、乳酸菌がいっぱい入っており、10日もすると発酵します […]

    3.11の大震災 あの日からの5年 私はどのように過ごしたのか? 追想追想! 

    この写真3回目の投稿となると記憶する。2011年、3.11の震災後3.14の日、大好きな石巻、石ノ森萬画館の近くの橋の上、車、船、車、船・・・・と信じられないような光景を撮った写真である。尚、渡波の写真はないのですが、この写真を遥かに超える想像を絶する光景ででした。 先の投稿と同じ文面の後に、年次の記憶を辿り綴りたいとおもいます。 3.11の当日は昔の会社の本社新宿での震災に出くわしたのであった。 […]

    遂に再発見! 朝比奈三郎伝説の割れ石 この堂々とした石が3方向に!

    大沢の朝比奈三郎伝説が残っている割石(田尻郷土研究会郷土誌より)。内容は、三郎が一本足駄で強弓の弦を引こうと踏ん張ったところ、山の岩盤真っ二つに避けたとか。この裂け岩こそが割れ石の名の生まれた所以であると、つたえられているそうな。さて、一体この矢はどこに放たれたのか?それは、今の薬莱山に命中し、訪ね回ったが矢の姿も形も無いことから、この山が矢を食らったに違いないとし、矢食山と呼んだとか云い伝へられ […]

    働かない働きアリ これってなあに~!?

    過日のテレビ報道!   北海道大などの研究チームが発表したところによると、集団の中に必ず2割はいるという働きアリ。こんなことがあるの~と、疑問を持つのは私一人ではあるまい。この研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表したという。  しかも面白いことに、働くアリだけのグループを作ってみると、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されているとい […]

    3.11大震災 二つの地下水が繋がった !? 井戸水の検証衝撃的な検証結果!

    我が家では、加護坊山の中腹の山水を屋内に引き入れ、食器の下洗いなどに使用していた。市水が整備されていなかった時期は、飲料水であった。それ以前はというと、今回の問題となっているる井戸水を飲料水としていた。 山水は、この地域の有志が共同で山の中腹にタンクを設け、それを塩ビパイプを道路に埋設し、使用していたのである。なんとも、大変な事業であった。しかし、たまに、官がなんらかの事で破れたりした場合はそこを […]

    栗駒焼大渓窯の小柳先生の作品紹介! 昨年11月エポカ開催 栗原陶芸家7人700点の競演の思いで! 

    ご存じであろうか?栗原の地で栗駒焼大渓窯・小柳陶峯さんのことを。先生は長らくこの陶芸展を会長として尽力されてきた方である。先の投稿では若干触れさせていただいただけであるが、本日は記憶が消えないうちに紹介しておこうと思い立った。 この陶芸展で館内を一巡し、栗駒焼大渓窯の小柳先生の作品に目を奪われた。なんと素晴らしい形と色合い、私は思わず徳利とお猪口がセットになっている(以前投稿した写真)を即座に購入 […]