DSC_1629DSC_1603DSC_1606DSC_1609DSC_1616DSC_1621

初めての『やけるんだ』での自宅ひとり野焼きが終了した。人面付環状注口土器を制作してから、10日経ったので乾燥は十分、満を持しての『やけるんだ』での野焼き、朝起きたら太陽が昇っていた。午後からは雨の予報、『やけるんだ』3~4時間での野焼き時間と書いてあった。

昨夜、『やけるんだ』の手順を頭で繰り返し、思い描いていた。一気に外のコンクリートに茶色の土器をセットした。7時20分、マッチで点火。勢い良く燃えるかと思いきや、ちまちまとゆっくり燃えていく、1時間後くらいにやっと上層部が全体に燃え広がった程度、まあ~風呂にでも入って待っていようと長風呂、2時間半が経過したので、様子を見に行くと、全体に既に火が回り、囲いもなくなってしまっているではないか?

もう。クールダウンなのだ、最後は意外に速い。仕上げは布でふき取り、おそるおそる水を入れてみると、水漏れはなさそうで、ヒビもないな。これで、完成。後は、今晩の晩酌でチンして日本酒がおいしく飲めれば大成功!!!

チンチンチン!!!!