dsc_0811

仙台うみの杜水族館での楽しみ方が増えた。今回はペンギンの種類がこんなにあることに気づいた。コウテイ、キング、アデリー、ジェンツー、ヒゲペン、ガラパゴス、ケープ、フンボルト、マゼラン、フィヨルド、シュレーター、スネアーズ、マカロニ、ロイヤル、イワトビ、キンメ、コガタ、ハネジロ。

2階のイルカと反対方向に王様ペンギン(キング)とフンボルト&マゼランペンギンコーナーがあるのをご存じだろうか。このフンボルト&マゼランペンギンコーナーにはもう1種類のケープペンギンがいる。総勢30羽ほどで、一番多いのがフンボルトかな、次にケープペンギン、マゼランペンギンは1羽しかいないのだ。この写真がマゼランペンギンの「あおくろ」君という名前だそうだ。別名B黒(BはブルーのB)、名前を覚えると、なんだか親しみやすくなる。30羽の中に1羽、太陽に向かって、毅然とした姿は神々しい!。皆さんも探してみようね!

見分け方?それはね、フンボルトはくちばしの根元がオレンジ色のやつ、ケープペンギンは目元がオレンジ色のやつ、最後にマゼランは胸元の黒が二重になっているからわかるよ。わかんない時は係員に聞いてね!親切に教えてくれるはず!きっと。