DSC_0968

DSC_0968

DSC_0958

DSC_0958

いよいよ今年の地元大貫の大イベントが開始された。それは 第10回かんぼやま祭りである。19組による芸のお披露目である。これを見ると、芸達者揃いが随分といるなと感心し、大貫人の心の豊かさを垣間見た気がする。しかしながら、ご高齢の参加者から、今年を最後に引退したいとの声も聞かれ、高齢化社会が確実に押し寄せてきていることが感じられた。

休憩時間のお昼には各地域のアイデアのおむすびコンテストが開催された。審査の基準は味は関係なく、見た目が良いものである。結果は1位中沢目のうめえベア―(くまもん?)、2位長根の猿(猿年)、同じく2位伸萌オムすび(オムレツのオム?)、4位舞岳のおにぎらず(恵方巻きを切ったもの?)で我が地域のおみくじむすびは残念ながら入賞圏外であった。しかし、真心こもった内容にコメントがあり参加者の心を射抜いたのでは?

それから、最後の『詐欺にもいろいろござりす』のかんぼやま劇団による熱演は大貫の高齢者も本当にこんなことが、と、大変に為になったようだ。是非、全国展開を図ってほしいものである。尚、大貫の駐在さんも出演されたのであった。

最後に、お片づけを役員全員で行った。その際、パネル片付けで軽トラックに積み、返却作業をなんと大貫かんぼやま委員会会長さんと一緒に行ったが、挨拶のみではなく、最後の片づけをご高齢にもかかわらずお元気にする姿に指導者としての確かな背中を見る思いがした。

尚、未来への確かな明るさを感じたのは未来っこの元気なお遊戯と、大貫衆十壱組の若い衆もこのイベントを盛り上げていたことである。