DSC_0961

DSC_0961

次は国宝『縄文の女神』(先に別途投稿済み)でその道の方には超有名な舟形町の若あゆ温泉でひとっ風呂浴びた後、新庄市の山屋セミナーハウスで楽しみだった夕食交流会のはじまり~はじまりとなった。ここでご自慢の料理の紹介です。(写真とりぱっぐった、すみません)、お品書き、①おにぎり(つや姫)・・・自分の家の飯米も自分の田んぼで取れたつや姫です。これは冷えても美味しく、私は海苔お結びにするとすごくうまい。②芋の子汁(醤油味)これが例の甚・・・・。やはりおいしかった③柿のクルミ和え、④お浸し(もって菊:通称もってのほか・・・いわれは天皇の御紋が菊である為)、⑤てんぷら(とびだけ・・・これは必ず祭りとかで食べるらしい。かぼちゃ)、⑥さつまいものサラダ、⑦鶏肉とこんにゃくの煮込み・・・これがあまりに美味しくておかわりしてしもうたわ、そうそう新庄駅で昼に食べた地鶏ラーメンが美味しかった。⇒⇒⇒観光課の加藤さんがそうなんです、トリモツラーメンがもっとうまいんですとおしえてくれました。今度食べに行かなければなしません。⑧漬物(きゅうりのおきづけ)でした。この中で、そば打ちをして頂いた四季の学校・谷口がっこそば庄司理事長のおかげでそばも食べましたが大変においしかったです。そのあと、前回の6で紹介した参加者の自己紹介が大変ユーモラスで楽しいひと時を過ごしました。でも中には、青森の人の話が3割程度の人もいたようでした。小生はって、勿論9割は大丈夫でした。ここで一次会が終了し、二次会、三次会と午前様近くまで関係者の方には本当にお世話になり誠にありがとうございました。この中で、庄司さんの金山での生活のたのしさ、スキーの楽しさ、歴史の伝承の話など本当に有意義な一時でした。残念だったのは昼に約束していた真室川音頭の歌が聴けなかったとの声がありました。

しかし、翌朝にはまた素晴らしい朝食を頂き、交流に花が咲き乱れました。あまり乱れてしまい、昨日の真室川音頭が聞きたかった青森のお姉さんがあまり言うので小生がお食事を作っていただいている地元のお姉さまに歌えませんか?と切り出すと、はいっといって、わたーしゃー 真室川の梅のおはなーあこおおりゃ と歌いだしてくれました。すごく上手で青森も感謝感激雨あられでした。調子こいて、花笠音頭もどうですかと向けると、これまた、花の山形紅葉の 天童 雪を (チョイチョイ)と本当に期待以上の盛り上がりでした。後であのお姉さんはと聞くと物産館の常務ですとの事でした。皆さん、物産館でお買い物をしましょうね!