先日、親戚の法事の際、薬莱山の麓のブナ林の話の流れでなぜか?我が家の蚕の話となった。

そういえば、私が10歳位までは蚕を飼っていたのだ。桑の葉を摘んできては、蚕にあたえると、それはもう何百匹、何千匹いたのであろうか?一斉に食べ始めるために、ザワザワだったろうか?サワサワだったろうか?ものすごい食べる音がしたものであったのを思い出す。今だったら気持ちが悪くなってしまうかもしれないが、当時は当たり前の日常の事であったのだ。

そして、話は小野田には3っつの製糸工場があったというから驚きである。たった50年前の話なのだ。

3年前になるだろうか、震災で古い家を解体した際の処理として、縁があり、糸巻器等を福島の会津の方におあげした。これは公民館的なところへの展示品として(文化遺産)活用されると事で喜ばしい限りであった。

我が家や小野田等での養蚕は富岡製糸場の紹介の流れでの物だったのだろう。

以下は世界遺産となった富岡製糸場についての記述を紹介しておきます。

とみおかせいしじょうを建てたのはなぜ?

 富岡製糸場は明治めいじ5年(1872年)、明治政府めいじせいふが日本の近代化きんだいか のために最初に設置せっち した模範器械製糸場もはんきかいせいしじょうです。
 江戸時代末期に鎖国政策さこくせいさくを変えた日本は外国と貿易を始めました。当時最大の輸出品は生糸でした。輸出の急増によって需要が高まった結果、質の悪い生糸が大量につくられる粗製濫造問題そせいらんぞうもんだいがおき、日本の生糸の評判が下がってしまいました。
明治維新 めいじいしん後、政府は日本を外国と対等な立場にするため、産業さんぎょうや科学技術の近代化を進めました。そのための 資金しきんを集める方法として、生糸の輸出が一番効果的だと考えました。そこで政府は生糸の品質改善ひんしつかいぜん・生産向上と、技術指導者ぎじゅつしどうしゃを育成するため、 洋式 の繰糸器械そうしきかいを備そな えた模範工場もはんこうじょうをつくることにしたのです。

なぜ富岡が選ばれたの?

 明治3年、横浜よこはまのフランス商館勤務しょうかんきんむのポール・ブリュナ(Paul Brunat)らが 武蔵むさし・上野こうずけ・信濃しなのの地域 を調査し、上野(今の群馬県)の富岡に場所を決定しました。
1.富岡付近は養蚕ようさんが盛んで、生糸の原料げんりょうの繭まゆが確保かくほできる。
2. 工場建設けんせつに必要な広い土地が用意できる。
3.製糸せいしに必要な水が既存きぞん の用水を使って確保できる。
4.燃料ねんりょうの石炭が近くの高崎たかさき・吉井よしいで採とれる。
5.外国人指導がいこくじんしどうの工場建設に地元じもとの人たちの同意どういが得えられた。

以上のような 理由 りゆう により、富岡に建設が始まりました。

Why was Tomioka Silk Mill built?

Tomioka Silk Mill is the first model silk-reeling factory which Japanese government established in 1872. At the end of the Edo period of Japanese history, in the mid 19th century, Japan opened its doors to the world and in 1859 began to trade with Western countries. At that time, the most important Japanese export to the West was raw silk. However, because raw silk was produced by hand, insufficient quantity could be produced to meet export demand. Also, there were problems caused by the widespread availability of low-quality raw silk and the fact that some unscrupulous merchants falsified the quality to sell the silk at a higher price. The reputation of the Japanese raw silk had gone down.

The Meiji government pursued a policy of promoting modern industry in order to stimulate the modernization of Japan and achieve equal status with Western countries. In order to raise funds for it, the government thought that export of raw silk would be most suitable.

Then, the government decided to set up a model factory equipped with modern silk-reeling machines from Western countries to enable mass-production of high-quality raw silk and to train Japanese people in the techniques of machine-reeling and to become leaders in their home towns.

Why in Tomioka?

Complete view of
Tomioka Silk Mill

Kabura river, then
“Distant view of Tomioka
Silk Mill”,
In the possession of
Tokyo National Museum
Image:TNM Image Archive
Source:http://TnmArchives.jp/

Looking for a suitable site to construct the mill complex, Paul Brunat, a French man who was working for a French firm in Yokohama, and the government officers searched the flourishing sericultural region near Tokyo, close to the port of Yokohama. Tomioka in Gunma prefecture was chosen as the site for the following reasons.
1. The area around Tomioka could produce sufficient quantities of cocoons for producing raw silk.
2. There was land available on which to build the mill complex.
3. There was a ready supply of fresh water from a nearby river, which is necessary for producing raw silk.
4.Coal to power steam engines was available in the nearby towns.
5.Local residents agreed with the construction of a factory which would be directed by foreigners.