今年は昨年退職し、本格的な畑づくりをしようと思う。私は無農薬、無肥料を目指そうと思うが、今年は野芝1500㎡の芝を利用し、堆肥づくりをし、3年かけてふかふかの土を作ろう。農薬はこれまで使ったことがない。健康を害するものは口に入れたくないのだ。

野菜づくり。かきまめは女房が既に撒いて既に成長段階に、次は男爵イモ4畝とネギも1畝か。その次はトマト、ナス、キュウリ、モロヘイヤ、カボチャ、スイカ、キャベツ,インゲン等か。食用菊の移植もね。

昨年地這えキュウリの育て方がやっとわかった。キュウリは風に弱く植付けた後風よけをすることで簡単に育つことが分かった。草刈での体力消耗、水分消耗時に水プラス味噌つけキュウリで塩分補給に抜群の威力発揮だ。種も数回に分けると長期間頂ける。

トマトは昨年はハウスの水やりで大変だったので今年は水道管を埋設しよう。

西瓜は泥棒に注意しよう。2年続けて初物を献上してしまっているのだ。これは別途投稿することにしましょう。

収穫は山の孟宗竹の筍、これは民泊受け入れで5月を予定、その後、大好きなニンニク玉葱各100個以上を予定。

一番の楽しみが浜防風3年目の収穫!糖尿にいいとの事もあり7m30cm幅深さ50cmに砂800kgを入れ大切に育ててきた。どんな味がするのか?葉のてんぷらはどんな味?ゴボウ並みの根は出来ているんだろうか?興味はつきない。

おつぎは10種類の野菜の種及び苗を蒔き植えることだ。夏は草刈だけで大変で、昨年は9月中旬に植え付けなどに追われた。ことしは是非8月の暑い盛りに適期を逃さない、勝負を挑みたい。

つぼみな、人参、玉ねぎ、大根、白菜 、ソロモンホウレンソウ、野菜作り 小松菜、ほうれんそう、ニンニク。

これらの内、葉物野菜が秋から今日までの我が家の食卓を賑わしているのには驚く、冬場は虫はつかないし葉も柔らかさが持続するしと、経験しないと分からないな。

それではまた。